寝屋川市・門真市・枚方市の不動産買取りはお任せ!

寝屋川市・門真市・枚方市の不動産買取りはお任せ!

売却事例
私たちの実績
マンション売却
どんな物件でも買取
裏話
不動産屋のヒミツ
売却術
損をしない売却術
売却
その他売却について
ブログ
スタッフの奮闘記

住みながら販売活動はできるの?

家の売却には「住みながら売却する方法」と「空き家にしてから売却する方法」の2種類があります。売却をお考えの方の中には、自宅に住みながら今の家を売却して、新居を購入したいと思っていらっしゃる方もいるのではないでしょうか。
一方で住みながらの売却活動は不利になるのでは…?と不安に思われている方も多いと思います。そこで今回は、住んだまま家を売却することで不利になるのか?メリットやデメリット、成功のコツなどを解説していきます!
不安を解消してご自身の売却活動をスタートさせましょう。

結論から言うと住みながら売却することは可能です。
一般的には引っ越してから、空き家の状態で売却するほうが売れやすいと言われています。
一方で、住みながら売却活動をされる方は、すでに家具や家電が配置されている家であれば、購入後の生活イメージがつきやすいという一面があります。
家を売る際に家具や小物類、照明などで住空間を演出するホームステージングという方法が増えているのは、空き家で見せるよりも、狙いをもってモノを配置してあるほうが販売効果が高いと考えられているからです。

住みながら売却するメリット

住み替えにかかる費用を抑えることができる

住みながら家を売却するので、新居の購入費用に売却時の費用を充てることができます。
家を空き家にして売却する場合、前もって新居を購入して引っ越すか、家の売却中に仮住まいを借りなければなりません。
たとえば、住みながら家を売却する場合、購入者との売買契約が成立するまで住み続けることが前提となります。
出費を抑えつつ確実に住み替えをしたい方には、今の家に住みながら売却活動をするメリットが大きいと言えます。

内覧者にとって実際の生活感が参考になる

住みながら家を売却する場合生活をイメージしやすく、内覧者にとって生活感の参考になるのがメリットです。
「以前のオーナーはどのような人か」「どのように家具を配置していたのか」など、気にする内覧者は少なくありません。
住みながら家を売却する場合、現在住んでいる売主と内覧者が直接話ができる点もメリットと言えます。

家の老化を防ぐことができる

家に住みながら売却するメリットとして、売却期間中の老化を防げるというのがあります。
家は人が住まなくなると劣化が早くなるという言葉がありますが、住みながらの売却では家を空き家状態にしないため、掃除や換気・水の手入れが定期的に行われます。住み続けるだけでは既に劣化したり傷んでしまった部分を直す事はできませんが、今ある状態をキープしながら売却ができるという点は、住みながら売却するメリットの1つと言えるでしょう。

住みながら売却するデメリット

売却するために、内覧の予定を優先する必要がある

家の購入を考えていらっしゃる方は、内覧で実際の生活感を見たいはず。
内覧者は特に休日に予約を入れてくることが多く、家の売却を優先した場合、休日でも予定を空けておく必要があります。
一方で、空き家の状態での内覧は、基本的に不動産会社に任せておけるので内覧に合わせてご自身の予定を空けておく必要がありません。

住人の生活感でイメージダウンになる可能性がある

住みながら家を売る場合、住人の生活感は内覧者によっては印象を悪くすることもあるでしょう。
住人がいることは、家具や生活臭を印象づけてしまいます。売主の生活感が内覧者のイメージと合わなければ、逆効果となる点がデメリットです。
逆に空き家の場合は家具などがなく、床面積や部屋全体が広く見える点がメリットとなります。

住みながら家を売却するのが向いている方

家が常にキレイで内覧できる状態にある方

内覧時にはできるだけ、きれいな状態で見てもらえるほうが売却に繋がりやすくなります。
日頃から家の中を綺麗に保ち、いつでも人に見せられるような状態なのであれば、住みながらの売却は向いています。
住みながらの内覧は生活感でマイナスなイメージをつけてしまいがちです。
綺麗な状態なのであれば、急な内覧希望が入っても、部屋の清掃などに時間を要す必要がないため、柔軟に対応することができ売却に有利となります。

住宅ローンが残っている方

自己資金が少なく、住宅ローンが残っている方は住みながらの売却に向いています。
住みながらの売却をすることで売却資金を費用に充てることができます。
売却費用を自己資金として新居購入費や引っ越し費用に充てることができるため、自己資金が少ない場合は住みながらの売却を選ぶといいでしょう。

時間に余裕がある方

期間に余裕があり、特に売却を急いでいない方にも家に住みながらの売却をおすすめします。
期限に縛られず、自分の納得いく価格が付くまで売却先を探すことができるため、希望価格通りに家を売却できる可能性が高くなります。

空き家にしてからの売却が向いている方

内覧のスケジュールが難しい方

時間に余裕がなく、休日など仕事で家を空ける方は空き家にしてからの売却が向いています。
空き家にしてから売却する方法は、不動産会社に売却活動を一任できます。
内覧予約が入るたびに日程調整をしたり、内覧者に直接応対をする必要がありません。
売却期間中に仕事で休みが取りづらいなど、予定を合わせづらくストレスに感じそうであれば、空き家にしてからの売却が負担が少なくおすすめです。

すぐに家を売却したい方

すぐに家を売却したい場合は、空き家にして売却の方が向いていると言えます。
住みながらの売却よりも空き家にして売却の方が比較的売れる傾向にあるためです。
ただし、住み替え先の新居購入に住宅ローンを使う場合は、売却が決まるまで二重ローンになるため注意が必要です。
すぐ家を売却したい時は、空き家にして売却の方が向いてはいますが、しっかりと資金面を検討してからがいいでしょう。

住みながら家を売却するコツ

売却活動と並行して売却活動を行なう

現在お住まいの家の売却と並行して、新居探しも行いましょう。
家の売却が成立してから新居を探すとなると、引渡し時期によっては、仮住まいが必要になる場合もあるでしょう。
不動産会社と相談しながら、無理のない住み替えスケジュールを話し合っておきましょう。

複数の不動産会社に査定を依頼する

家に住みながら売却活動をしていると、特に時間に縛られることもなく余裕を持って売却活動ができます。
その時間を活用して複数の不動産会社に査定を依頼するようにしましょう。
不動産会社によっては、相場価格と著しく差のある査定価格を提示してくるケースもあります。
高値を提示する不動産会社に飛び付くのではなく、提示した査定価格の根拠をていねいに説明してくれる信頼できる不動産会社をパートナーに選ぶように心がけましょう。

不動産買取大阪にお任せください

住みながらの不動産売却も、空き家の状態での売却も不動産買取大阪へお任せください!
古くて売却できないかも…。家具・家電もそのままで売却したい。
そんなご希望も不動産買取大阪へお任せいただければ、売却まで丁寧に対応いたします!
気になる方は、ぜひ一度お問い合わせくださいませ。

マンション売却も不動産買取大阪へお任せください!
まずは下記よりお問い合わせください!

地元出身スタッフが
お客様のお声に即対応!
お電話
メール
買取査定
LINE査定
寝屋川市・門真市・枚方市の
不動産買取りはお任せ!
〒572-0837
大阪府寝屋川市早子町19番17号
営業時間:10:00〜19:00
定休日:毎週水曜日、第1・3火曜日
Copyright(C)fudousan-kaitori-osaka. All right reserved.
寝屋川市・門真市・枚方市の不動産買取りはお任せ!
寝屋川市・門真市・枚方市の
不動産買取りはお任せ!
〒572-0837
大阪府寝屋川市早子町19番17号
10:00〜19:00  定休日:毎週火曜日・水曜日
10:00〜19:00
定休日:毎週火曜日・水曜日
tel 072-814-9997 fax 072-813-2235
Copyright(C)fudousan-kaitori-osaka. All right reserved.